トップページ > 

生命保険の見直し

スポンサード リンク

生命保険は、一度加入したらそのままというものではなく、時間が経てば家族構成が変わったり、生活や社会の物価水準も変わるので、必要な保証の種類や保証額も変わってきます。

そして保険を見直す時期は主に、結婚・出産・転職・子供の独立などの節目となります。

また生命保険の見直しの基本は、余分な保証や不足した保証をチェックし、転換を行わず、要らない保障を削って足りない保障を増やすことです。

なお保険の更新時期が迫っていたり、子供が生まれたりすると、セールスの担当者が転換を勧めてきますが、そのほとんどが無意味な転換です。

なぜなら転換は、目的に合った保険種類に変更したい場合や、それまでより予定利率が高い保険に変更する場合に、利用する意味があるからです。

そのため保証を大きくしたいのならば、保険をまるごと転換するのではなく、必要な部分だけ増やし、不足しているものはその部分だけ追加しましょう。

最終更新日:2011/04/13